トイレリフォームという両親へのプレゼント

トイレリフォーム

「両親が笑顔になれるプレゼントをしてみませんか?」

高齢になったご家族が、自宅で苦労を抱えていませんか?
高齢者のケガや事故の原因は、自宅に隠れていることが少なくありません。
案内人

この記事では、日常的な暮らしをスムーズするため、大けがを防ぐため、
リフォームを検討されているAさんとトイレに悩みを持つAさんの両親が登場します。

トイレのリフォームで知っておくと楽になる、
業者選びや、商品選びといった場面で必要となる知識を網羅しましたので参考にしていただければと思います。

Aさんのリフォーム体験を見ながら、
ぜひご実家、自宅のリフォームを考える際の参考にしてください。

Aさんが今回利用したリフォーム一括見積サイト

「リショップナビ」

リショップナビ

累計利用者数 10万人
一括見積が、物件の種類、住所、連絡先を入力するだけ

リショップナビ公式サイト

 

トイレの不便さは大変だよね……

実家の古いトイレ

これはAさんが、久しぶりに両親が住む実家に帰省したときの話です……。

いつも明るく、笑顔が似合う父が、大きなため息をついて、目を伏せていました。

Aさん
…どうしたの?

そんな父を見て、不安が心にのしかかり、声をかけてみました。

実は………
Aさんの父

普段は弱音を吐かない父が、重たい口を開き、私に悩みを打ち明けてくれました。

どうやら、足腰が悪くなってしまい、うまく用を足せないそうです。

父の弱りきった声を聴いた私は心が痛みました。

詳しく話を聞くと、足腰が悪くなってしまったせいで「和式トイレ」で用を足す体制がきつく、体中が痺れ、とてもしんどいそうです。

Aさん
洋式に変えてみたら?

そう質問してみたのですが、年金暮らしで生活の余裕がない父には、リフォームできるほどの経済力がありませんでした。

今までお世話になった両親に恩返しをしよう。

そして、父の笑顔を取り戻そう。

そう思い、足腰の悪い父を手助けするため、老化したトイレの改善を考え始めました。

 

トイレの不便さと危険性

トイレは、狭い空間で、衣服の着脱や、身体の向きを変えたり上下移動するなど、複雑な動きが多くあります。
トイレでは高齢者にとっては、ケガをしてしまう可能性が高いです。
案内人
不便な和式便器 トイレの床が滑りやすい トイレ空間が暗い
和式便器の不便さ 滑りやすい床材 暗く・狭いトイレ空間

■和式便器の不便さ
和式便器ではしゃがむ必要があり、お腹の大きい妊婦さん、筋力の衰える高齢者、介護者には肉体的な負担になります。
しゃがむ動作や立ち上がりで転倒の危険性もあります。
最近は和式便器で用をたせないという子供や若者もいるとのこと。 古いご実家に帰省した際お子さんのトイレに苦労するという事もあるかもしれませんね。

■滑りやすい床材
狭い空間での転倒は大変危険です。
トイレでは水はねなどで、床が汚れることも多くあります。
乾燥していれば大丈夫でも水に濡れたり、スリッパとの相性で滑りやすくなるということもありますので、ぜひ確認してみましょう。

■暗く・狭いトイレ空間
トイレは別に暗くてもいいやと思ってる人もいるかもしれません。
しかし、トイレでは排泄物の色を見て健康チェックをするということもあります。
水に濡れた足元が見えなければ危険ですし、掃除のしずらさもあります。

トイレは一人で使うのだから狭いもの。そう思っていませんか。
被介護者には介助者がそばで支える必要があり、支援をしなければなりません。
トイレ空間が狭すぎるとそれ難しくなります。

便器交換、スペースの拡張、床材の変更は自宅介護を考えている方は検討の必要があります。
介護についてのリフォームは、補助金が出る可能性もあります。後に詳しく記載しています。

でもやっぱりリフォームには大きなお金がかかってしまいます。
Aさんはまずは自分で改善を試みたようです。
案内人

リフォームせずに、やってみた対策

足腰の悪い父でも、楽に用を足すことができるよう、現在の悩みをリストアップし、
安全で使いやすいトイレを実現するため、ライフスタイルにあったトイレリフォームを自らの手で決行しました。

これで父の笑顔が戻る!

そう思ったのですか…。

問題1 足腰が悪い父不便な和式トイレ
対策 据え置き式の手すりを設置
しゃがんだり立ち上がる時に身体のバランスを崩して起こる転倒事故をふせぎ、足腰の負担を軽くしようとした。
新たな問題 手すりの高さの調整が難しく、バランスが取れにくくなるので、転倒しやすくなってしまった。
問題2 床材が滑りやすく、足元がふらついてしまう
対策 床にトイレマットを敷く
こぼれた水で、床が滑りやすくなるのを防ぐため。
新たな問題 マットがズルッとズレてしまい、以前より滑りやすくなってしまった。
問題3 照明が暗く、足元が見えにくい
対策 壁に新しい照明の設置
足元が見えにくく危険で、暗いトイレ空間だったため。
新たな問題 新しく購入した照明が大きすぎて、可動域が狭くなり、より不便になってしまった。

このように、自分のできる範囲でトイレをリフォームしていきましたが、素人の自分の腕じゃ父を救うことが出来ませんでした。

工事をせずにできる対策について

リフォームはお金がかかるから気が引けてしまう…
Aさんのように安全の対策や改善をしてあげたいと思われる方もいるでしょう
案内人

DIYで出来ることを上げてみました。

■手すり
リフォーム業者に頼むと 2万円~10万円
自分で設置できる、据え置きなどであれば 3000円~5万円前

壁に設置する手すりの場合は壁の強度が必要です。
そしてなりより、手すりは使用する本人が使いやすい高さや位置にすることが重要です。設置する際はできるだけ立ち会ってもらいましょう。

■トイレマット 200円~
トイレマットは100均ショップで200円のものもあるようです。
気軽にトイレの模様替えができ、見た目の可愛らしさで選ぶかもしれません。
しかし、しっかりと滑り止めが効いていなかったり、足を動かす時にトイレマットに引っかかり転倒につながる可能性もあります。
機能面もしっかりと検討しましょう。

温水洗浄便座(ウォシュレットなど) 1万5000円~
現在のトイレが洋式であれば、後付けで暖房便座・温水洗浄便座を自分で取り付けることも可能です。
ただ、古い住宅だとトイレにコンセントがついていない場合もあります。その場合は天井の照明などから電気をとるという方法や外部の部屋から延長コードで接続するなどの方法があります。
水漏れなどで漏電・感電の安全を優先するのであれば電気工事を専門家に頼むようにしましょう。(コンセントの新設・配線工事は有資格者でなければやってはいけません)

温水は出ませんが、電気なしでも使える「簡易シャワートイレ」も存在します。
簡単な取付けでできるものもが多く、価格も5000円~であります。

 

トイレリフォームを考える

仕方なく、大手家電量販店や、リフォーム会社をネットで探してみたAさん。

工事費込みの価格には、内装工事や自宅の水道設備の違いがあったり、ネットにある数字だけじゃわからないことがいっぱい。それに……

Aさん
信頼できるリフォーム会社を自分で探すのは大変…。
適正な価格でリフォームをしてくれるかな?
利用者の立場になって考えてくれるのかな…

不安が膨らみ、リフォームを決断する踏ん切りがつかないでいました。

トイレの老朽化は進んでるし…。

父の足腰はまだ治らないし…。

でも工事するのは色々不安だし…。

Aさん
もう、どうすればいいか分からない!

トイレリフォームのポイント

今度はAさんと同じく、トイレリフォーム検討していきましょう。
案内人

トイレは水回りです。安さだけで判断して、失敗すると大変なことになります。
トイレはリフォームすると10年はもつとのこと。毎日、そして長年使うからこそケチらないことも大事です。
トイレリフォームは商品価格によって大きな差が出てきます。
ネットでトイレリフォームと検索すると2万円~60万円など幅広い数字が出てきます。

費用の目安 工期の目安 リフォーム内容
10万以下 一日以内 壁紙や床材内装のリフォーム、手すり設置
10万円前後 一日以内 温水洗浄便座の設置
10~20万円 1~2日 トイレ本体交換および内装込みのリフォーム
20~50万円 スタンダードの製品を選んだ場合の便器交換
1日 洋式から洋式への交換で30万円以内
2~3日 和式から洋式へでは40万円以内
50万円以上 3日~5日 トイレ自体の位置移動や増床工事
2台以上のトイレ設置

内装や設備にこだわった場合

大まかな費用と工期の目安をあげてみました。
便器交換ではスタンダード製品を選んだ場合だけを書きましたが、高機能なトイレを選ぶと洋式から洋式への交換であっても費用は高くなります。

もう一つ、価格が大きく変わる要因として、設備差もあります。

マンションと戸建てでの違い

まずは共通して、便器交換や内装のリフォームを考える際にチェックするポイントを上げてみます。

商品価格以外に設備面での費用差がでる点でもあるので、
ご自分で大まかに見積もりを取りたい、便器を選んでおきたい人も、
ぜひ下設備面を確認してみましょう。
案内人

現在のトイレのチェックポイント

・電源の有無
→ トイレにコンセントが必要になった場合の配線工事の必要性
・排水口位置、排水芯・排水高の違い
→ 床排水か壁排水かで選べる便器の種類が変わる
・手洗い場の有無
→ 手洗い場のないトイレを選んだ場合の配管工事の必要性
・トイレの広さ
→ 床材の量や、選べる便器の種類が変わる
・水圧の確認
→ タンクレス便器を設置したい場合、選べる便器の種類が変わります

■マンション
マンションは戸建てに比べて工事できる箇所が居住部分だけになっており、配管など共同部分があるので気を付けなければなりません。
便器交換や内装は基本問題ありません。
しかしトイレの増設を考えている場合は、排水管をいじらなければならないこともあります。

・管理組合に相談もしくは管理規約を確認
・給水や排水を確認し、物理的に可能かの判断(専門家にしてもらいましょう)

上記の2点をまず確認し、増設ができるか可能なのか調べてみましょう。。

■戸建て
マンションと違い戸建ては規制がないので、内装や外装を自由にリフォームできます。

和式から洋式

汲み取り式(ぽっとん)の和式を洋式にしたいけど、お金がかかりそう……」

和式便器を、できるだけお金をかけずに洋式便器にしたいという方もいるでしょう。
特に汲み取り式(ぽっとん)トイレを水洗の洋式トイレにリフォーム大変な費用と時間がかかります。
下水工事などがあるため、100万円以上の費用が掛かることもあるそうです。

そこで、簡易的に洋式便器できる商品があります!
案内人

和式便器を洋式便器にする商品
■「簡易水洗トイレ」 工事費込みで15万円~
メーカーは、アサヒ衛陶、ジャニス工業、LIXIL、ダイワ化成、ネポン、積水ホームテクノなどがあります。

■「スワレット(TOTO)」「和風アタッチメント(LIXIL)」 工事費込みで4万~
汲み取り式に対応していませんが、和式便器の上にのせて洋式便器するという商品があります。
(取り付けられる和式便座のサイズに規定がありますので、検討する際は公式サイトで確認してみましょう)

簡易水洗トイレとともに、温水洗浄便座も取り付け可能の商品もあるようです。

トイレ便器のについて

トイレ便器に関しては、モデルルームに足を運び実際に目にすることをお勧めします。
モデルルームでは広い空間で見るため便器の大きさを気にしずらいので、チェックポイントであるトイレの広さを確認しておくことも重要になります。

便器の種類

■一般洋風便器(タンクあり便器)
タンク式トイレ タンク、便器、便座がそれぞれ分かれている一般的なトイレ。
上部に手洗い場を設けることが可能。
タンクに水を貯めておけるため停電の際でもタンクに水を貯めれば使用可能。
■タンクレス便器
タンクレストイレ タンク部分がないため、トイレ空間を広く使える。
手洗い場がないため、別途設ける必要性がある。
ある程度の水圧が必要なため、水圧が低い場合は水圧が低くても設置可能な商品を選ぶ必要がある。
■タンク一体型便器
タンク一体型便器 便器とタンクが一体になったタイプ。
すっきりした見た目に、掃除がしやすい。
タンクレス便器とはことなり、水圧に関係なく設置可能。
タンクに手洗い場を設けることが可能
タンクレス便器と比べると外寸が大きく、タンクの下にほこりやゴミがたまりやすい。
■収納一体型便器
収納一体型便器 手洗いや収納が一体となったタイプ。
タンク両脇のデットスペースを収納や置き場所として活用できる。
ストックや小物を隠しすっきりと見せられる。
タンク周りをキャビネットで隠せるため、掃除がしやすい。

 

便器のメーカー

各メーカーの公式サイトで紹介されている便器をいくつか紹介します。

ご自分で便器商品を考えておきたい、使いたいメーカーは決まっているという方は、

「自分のところでは設置できない便器だった!」とならないように、ご自宅の排水口の位置を確認しておくことをおすすめします。

■TOTO
現在TOTOの製品を使用している場合、型番が分かれば交換可能な便器を調べることも可能です。

ウォシュレット一体型
ネオレストシリーズ タンクレス便器
GGシリーズ GG タンク一体型便器
GG-800 タンク式便器
レストパルシリーズ 収納一体型便器
組み合わせ便器
ピュアレストシリーズ タンク式便器

■LIXIL

シャワートイレ一帯型
サティス タンクレストイレ
プレアスシリーズ プレアスLS タンク一体型便器
プレアスHS タンク式便器
リフォレ 収納一体型便器
組み合わせ便器
アメージュZ タンク式便器

■Panasonic

便座と便器一体型
L150シリーズ タンクレス便器
アラウーノシリーズ アラウーノS2 タンクレス
組み合わせ便器
NEW アラウーノV タンクレス 手洗いを付けられる

ここでは最新のモノを紹介しましたが、
いわゆる型落ちを選べば便器の価格を抑えることも可能です。

また、便器の商品価格はリフォーム会社によっても変わってきます

大量に発注していることによって価格を抑えていたり、
独自のルートによって発注していることもあるようです。
ただ、安くなる商品のメーカーは、リフォーム会社によって変わってきます。

使いたいメーカーの便器が決まっている場合は、 商品価格が抑えられるリフォーム会社を探すのもよいかもしれません
案内人

トイレの床材選び

便器を交換すると以前の便器跡が残っていたり、便器の形状が違って跡が見えてしまうこともあります。

便器交換をした際は床の交換も一緒に勧められる場合があります。
案内人

トイレの床材の選びのポイント

・耐水性、汚れにくさ
・メンテナンスのしやすさ、洗剤に強い
・耐臭性・防臭性

トイレは日常的に使用し、汚れがついてしまうのが当たり前の空間です。
清潔に保つためにも汚れや水への耐性やメンテナンスのしやすさを優先することが、長く使っていくうえで大事になります。

■クッションフロワ
耐水性に優れ、汚れも落ちやすく掃除がしやすく、値段も手ごろとなっておりトイレの床材としてよく使用されます。
デザインも豊富のため、価格を抑えつつトイレ空間の雰囲気づくりにも可能になります。
強く擦りすぎると傷ができ、そこから汚れがしみこんでいくので、掃除の際は気を付けましょう。

■フローリング
温かみがあり、おしゃれなトイレ空間でもよく見受けられます。
しかし、フローリングは水に弱いためコーティングがしっかりしたものを選ばないと、しみになってしまいます。
傷がつきにくい、水に強い、アンモニアや洗剤に強いものなど性能をしっかりと確認して選びましょう。

■タイル
タイルは耐水性、耐久性と掃除のしやすさが挙げられます。
ただ、タイルの目地部分は汚れがつきやすいこともあります。
大理石は水に濡れやると滑りやすいといった欠点もあります。
タイルを選ぶ際は目地にも注意をしましょう。

壁紙クロス選び

機能性壁紙にはさまざまな種類があり、汚れや臭いの多いトイレ空間でその力を発揮してくれます。

壁紙クロスの重要な機能

・消臭機能
・汚れ防止機能
・吸放湿機能

快適なトイレ空間を手に入れるためにも、機能性とメンテナンスのしやすさを意識して選ぶようにしましょう。

アクセントクロスといって、一つの面だけ色や柄を変えるというインテリアの手法もあります。
案内人

トイレリフォームの業者選び

トイレリフォーム考えなければいけないポイントを挙げていきましたが、考えることが多すぎて、不安に思われた方もいるでしょう。

そういった際は一度見積もりをおこなってみるのも良いでしょう。

業者選びで意識するとお得になるかもしれないポイント

自分が欲しいなと思っている便器メーカーの商品価格がお得か
リフォーム業者によっては大量受注で、メーカーの希望小売価格より大幅に値段が安くなっている可能性があります。

介護リフォームについて詳しい知識を持ってるか
介護リフォーム経験があり、介護リフォームの補助金制度について詳しいと、作業や申請書類などがスムーズに行ってもらえる可能性がります。

リフォーム一括見積特徴

■ リノコ ■

リノコ

リノコ公式サイト

加盟店 100社以上
紹介社数 最大5社
申し込み 匿名可
特徴 価格重視
地域差による価格変化がない。
「安心のリフォーム保証」
すべての工事に1年間の保証制度。機器は最長10年までの長期保証が選べる。

 

■ ハピすむ ■

ハピすむ

加盟店 700社以上
大手ハウスメーカーも加入している。
紹介社数 最大3社
申し込み 匿名不可
特徴 運営会社が一部上場

 

■ リショップナビ ■

リショップナビ

リショップナビ公式サイト

加盟店 800社以上
見積もり件数 最大5社
申し込み 匿名不可
特徴 申し込み後、専門スタッフからの電話で予算や費用相場、希望内容、補助金の相談ができる
「安心リフォーム保証制度」
リフォーム工事中の事故、引き渡し後1年以内の工事瑕疵があった場合の損害を補償してくれる。

 

■ タウンライフリフォーム ■

タウンライフリフォーム

タウンライフ公式サイト

加盟店 全国300社以上
大手ハウスメーカーも加入している
見積件数 3社
申し込み 匿名不可
特徴 デザイン力、提案力が優れている

 

■ ホームプロ ■

ホームプロ

加盟店 全国1000社以上
中小リフォーム会社が多い
紹介件数 最大8社
申し込み 匿名可
特徴 豊富な口コミが読める。
「無料の完成の保証」
万が一リフォーム会社が万が一倒産しても、手付金の返還や代替え会社による工事の完成を保証。

 

電気屋でのトイレリフォーム

家電とリフォームの関係性があるためか、家電量販店でもリフォームを扱っている場合が多くあります。
家電量販店という点を生かしてアウトレット商品などで、商品価格を抑えたリフォームがしやすい点や機器に関する長期保証が共通しています。

■エディオン
特徴:リフォームのお得なパックがある。工事費込みの価格表示。作業がスムーズ。

■ヤマダ電気
特徴:施工に利用するその他の器具なども適切なものを選んでくれる。

■コジマ
特徴:セット価格になっているため、予算がわかりやすい。幅広いリフォーム案件を請け負っている。

■ビックカメラ
特徴:家中まるごとリフォームを売りにしており、便器交換から内装までしてもらえる。

家電量販店でのリフォームということで、全国にあるものの、
工事は下請けのリフォーム会社することがほとんどで、サービスの質にばらつきがあるようです。
そのためか、クチコミも問題なかったというものと、悪かったという風に二分しています。

店舗によっては、便器や便座の商品を見ながらの相談ができます。
全国にある家電量販なので、まずは気軽に足を運んでみるのもいいかもしれません。

トイレリフォーム中について

トイレリフォームの多くが1日以内1~2日程度が多いようです。
案内人

しかし、工事の内容によってリフォームにかかる時間は変わってきます。
特に配管など作業がある場合は数日以上かかることもあります。
なので、工事をしている間のトイレの確保をどうするのか不安に思う方もいるでしょう。

あげられる対策としては、下記の3つがあります。

トイレリフォーム中の対策

・近くのコンビニや店、親戚の家のトイレ借りる
・仮説トイレをレンタル
・災害用などで使うポータブルトイレ

■近くのコンビニや店、親戚の家のトイレ借りる
リフォームが半日や1日終わる場合は、距離はありますがお金がかからずに済みます。
夜間に行きたくなたった場合は大変かもしれません。

■仮設トイレをレンタル
リフォームが2日以上の場合や夜間が心配な場合は、仮設トイレを検討しましょう。
また、リフォーム業者の方が工事中に利用のために必要になってくる可能性もあります。
しかし仮設トイレの中は夏場は熱く、冬場は寒くなるため
数日かかるリフォームの際は季節も意識するといいかもしれません。

仮設トイレの設置・撤去費、レンタル費用、汚物の回収する汲み取り費用がそれぞれかかってきます。
見積もり時に確認するとよいでしょう。

■災害用などで使うポータブルトイレ
外にトイレをしに行くのが大変であったり、難しい場合は室内にポータブルトイレを設けることを考えてみましょう。

解説が長くなりましたが、一度Aさんのリフォームに戻ってみましょう
案内人

 

リショップナビってなに?

リショップナビ

リフォームの相談を友人にしてみることにしたAさん……。

トイレリフォーム経験者の友人に連絡すると、あるネットサイトの存在を教えてくれました。

Aさんの友人
リショップナビ使ってみたら?

Aさん
リショップナビ…?

その時の私は、リショップナビの存在を知りませんでしたが、友人が強く推してくるので、リショップナビをググってみました。

リショップナビは、住所と年齢を入力するだけで、見積もりができるリフォーム無料一括見積もりサイトでした。

簡単そうだし見積もりだけでも…。

そう思い、見積もりを行いました。

見積もりは、たったの30秒で完了し、コンシェルジュが自宅に合ったリフォーム業者を、5社紹介してくれました。

その後、紹介してくださったリフォーム業者を比較・検討し、最安値の業者を発見しました。

Aさん
和式を洋式に変えるリフォームがたったの30万で?

私は驚きました。それと同時に、不安にもなりました。

トイレのリフォームがこんなに安く行えるはずがない…。

公式サイトに掲載されていた口コミも確認してみましたが、どの記事も好評ばかりで、正直、信用できない…。

リショップナビ公式サイト

 

リショップナビのクチコミ

リショップナビで行われたリフォームについて。

30代男性 リフォーム費用:200万円・施工箇所:リノベーション

「リフォームに対するセンスのよさ、的確な提案力」
生活する人を最優先に考え工事を進めてくれました。次回のリフォームも、またお願いしようと思います。今回紹介してくれた、リショップナビさんには感謝です。

50代男性 リフォーム費用:20万円・施工箇所:トイレ


「さすが、厳しい審査を通過した業者さんでした」
丁寧に接遇してくれた上で内容的にも費用的にも納得のいく工事でした。さすが、リショップナビさんの厳しい審査をクリアされた業者さんだと感じました。

40代女性 リフォーム費用:334万円・施工箇所:風呂・浴室等

「信頼できる担当の方にお任せできました」
担当者の感じがよく、非常に熱心でした。知識も豊富で検討していたリフォームの内容や、他メーカーの利点欠点を説明していただき不安や疑問が解決できました!

40代男性 リフォーム費用:120万円・施工箇所:浴室・洗面


「納得のいく予算、アフターサービスの充実」
納得のいく予算の上、再三の仕様変更にも誠実に対応していただきました。現場管理やアフターサービスもしっかりしている様子が見受けられ、好感が持てました。

30代女性 リフォーム費用:100万円・施工箇所:キッチン 他


「使う人の立場になって一緒に考えてくれました」
他者に比べ値段も1番安く、大変親身でした。 業者さんも真面目な感じでした。 こちらの立場になって、一緒に考えて頂き、仕上がりにも綺麗です。本当に感謝してます。

 

リフォーム見積もりサイトの比較

ネットにあがっている色んなリフォーム一括見積もりサイトを確認してみましたが、
公式サイトを見るだけでは情報が少なく、比較・検証することが出来なかったので、より不安がつのるAさん……。

連携企業 リフォーム実績
(1年)
見積もり時間 紹介業者数 費用相場
(トイレ)
リショップナビ 1500社 11000件 30秒 5社 20~50万
比較サイトA 1000社 10766件 30~40万
比較サイトB 300社
比較サイトC 8~30万
比較サイトD 800社 10秒
比較サイトE 3~4社
Aさん
私って疑い深い女よね…

施工事例を見ていると、便座にもこだわって、温水洗浄便座とかつけてあげたい。
床のこともあるから内装だって一緒に綺麗にしてあげたい。

便器の機能を良いものにしたら商品価格が高くなるし、だからといって工事費を安いところにして、不備があったら嫌だし……。

考えることが多すぎる!

リフォームに思い悩まされ、頭を抱えこんでいたそのとき、リショップナビから電話がありました。

「リフォームに関する不安や疑問点はありますか?」

Aさん
いっぱいあるわよ…。

私は、理想のトイレを実現させたいという思いを胸に、リフォームに関する疑問点を、電話でぶつけてみました。

質問内容は、以下の通りです。

 

リショップナビにつてQ&A

Q1 問い合わせの多い年齢層は?

お客様の年齢層としては、30代−40代の女性が多いそうです。色々な理由があって子供が友達を呼べなかったり 自宅でのママ会をしたくなかったり、 そういったケースもあるかと思います。

Q2 工事は見積もりしてから何日後にきてくれるの?

見積もりから4日程度かかるそうです。

Q3 施工期間はどれくらいなの?

お客様の現在のトイレの設備面で異なってきますが、トイレの全体工事や部分改修にかかる時間・日数の目安につきましては…

リフォーム内容 工期の目安
トイレ交換+内装リフォーム 1〜2日
トイレ交換のみ(洋式から洋式) 半日〜1日
和式から洋式トイレへの交換 2〜3日
トイレ内装のみリフォーム 1〜2日
便座交換・ウォシュレット設置 1〜2時間(トイレ内にコンセントがある場合)
手洗い器設置 1〜3日
手すり設置のみ 1時間〜半日
トイレの移動・新設 3〜5日


Q4 工事中はトイレを使うことが出来るの?

お客様のご家庭によって対策方法は異なります。ご近所のコンビニなどを利用される場合もあれば、お客様の中に高齢の方や小さい子がおられる場合などには、介護用のポータブルトイレや、災害用の簡易トイレなどを用意されるケースも見られます。また、リフォーム会社が仮設トイレを設置してくれることもありますが、別途レンタル費用がかかるのが一般的です。

Q5 リフォームの平均価格を詳しく知りたい。

スタンダードタイプの製品であれば、便器を洋式から洋式へ交換する場合は30万円以内、和式を洋式にリフォームする場合は40万円以内で実施できた例が多くあります。
トイレリフォームの費用相場

Q6 リフォームしたところに欠陥がでたらどうしよう?

リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社が加盟していますが、万が一工事ミスが発生した場合に備えて「安心リフォーム保証制度」をご用意しています。リフォーム工事中の事故でお客様の住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証しています。

Q7 業者は信頼できるの?

ご紹介するリフォーム会社は過去の実績や保証内容など復数の審査項目をクリアした優良なリフォーム会社です。厳しい加盟審査を設け、厳選しているので、安心してリフォーム会社をお選びいただけます。

Q8 外観のイメージを一新したい

壁紙を張り替える工事も行っております。お客様がお家に帰るのが待ち遠しくなるようなかわいいキャラクターが迎えてくれるデザインや、温かみのある空間を実現できます。

Q9 和式から洋式にリフォームするときの注意点は?

トイレを和式から洋式にリフォームする際に、現在のお客様の和式トイレが「水洗式」ではなく「汲み取り式」の場合には、工事費用が高くなります。

Q10 リショップナビの特徴は?

リショップナビでは、全国のリフォーム会社情報やリフォーム事例、リフォームを成功させるポイントを多数公開しております。お住まいの地域のリフォーム会社を探したり、リフォーム事例を見てイメージをふくらませたりできます。

Q11 私には、今年で70歳になる足腰の悪い父がいます。ライフスタイルにあったリフォームをしてくらますか?

もちろんです。
業者が、お客様にあった介護リフォームのポイントを押さえながら、急いで作業に取り掛かってくれます。

介護リフォームはお得に!?補助金制度

介護リフォームで節約
「高齢者住宅改修費用助成制度」を活用することで、介護・バリアフリーリフォームにかかる費用は、介護保険から給付される一定の補助金を利用して補うことができます。

介護保険で住宅改修ができる対象

・介護保険の要支援1、2または要介護1~5の認定を受けた方
・「介護保険被保険者証」に記載されている住所の住宅

住宅改修で支給される費用

支給限度額は20万円となっており、かかった費用の9~7割が支給されます。

この20万円を数回に分けて利用することも可能です。
案内人

つまり、

一回目のリフォーム費20万円
8割支給:16万円 + 2割負担:4万円
二回目のリフォーム費10万円
補助金残り4万円 + 自己負担6万円

ということも可能ということです。

具体的には以下のようなリフォーム工事が補助対象になるので、確認しておきましょう。

リフォーム工事補助対象

・手すりを取り付ける
・床材の変更
・扉の取り替え
・便器の取替え

補助金支給までの具体的な手順

①介護認定を受ける
②ケアマネジャーに相談
③施工業者との契約
④市区町村に書類の一部を提出
⑤施工が完了し、工事費の支払い
⑥市町村に支給申請書類を提出
⑦「住宅改修費」の支給

今は介護を必要としなくても、将来の介護に備えてリフォームをしておきたいという人もいるでしょう。

しかし、安易な介護リフォームをするとせっかく付けた手すりが使わなかった、邪魔になったなったなんていう失敗例もあります。
案内人

介護リフォームは被介護者が安全で使いやすく、可能な限り自力で生活するためのものであると同時に介護する側がサポートしやすくするためにするものです。
被介護者の身体状況に合った内容にするためにも、介護の専門家と相談しながらリフォーム計画を立てましょう。

介護リフォームのポイント

  • 扉は引き戸に
  • 片手で使えるペーパーホルダーが便利
  • 忘れずにヒートショック対策を
  • スペースの確保・段差をなくす

補助金の支給を受けるには、書類の申請などもありますので、

リフォーム業者選びの際には、介護リフォームについての知識や補助金の制度についてよく理解している業者に頼むと良いでしょう。
案内人

それ以外の補助金制度や減税

介護リフォームに対しての補助金は各市町村などで、独自に行っているものもあります。
将来の介護や生活のためにリフォームを考えるのであれば、一度調べてみるとよいかもしれません。
その外にも、一定の要件を満たしていれば、
「所得税の控除」や「固定資産税の減額」を受けることができます。

補助金制度や減税があるリフォーム

・耐震リフォーム
・バリアフリーリフォーム
・省エネリフォーム
・同居対応リフォーム

トイレリフォームに踏み切る!

和式便器をリフォーム

ついにリフォームをすることに決めたAさん……。

私は、カスタマーサポートセンターの丁寧な対応に安心し、今までお世話になった父を手助けするため、リショップナビでのトイレリフォームを決意しました。

リフォーム業者を決定してから4日後。
自宅に職人が到着しました。

ちなみに、私が持っていた職人さんのイメージは…

Aさん
気難しくて頑固そう…
無口で会話しずらいそう…
デザインの調整や要望を聞いてくれなさそう…

そのようイメージを抱き、勝手に不安を抱えていましたが、

リショップナビ様に選んでもらった業者の職人さんは、リフォームに関する不安や細かい要望を聞いてくださり、工事中に気付いた要望に対しても気軽で、親切・丁寧に対応して頂き、大変満足しております。

問題点

・足腰が悪い父には不便な和式トイレ

・床材が滑りやすくて、足元がふらつく原因になっていた床

・照明が暗く、足元が見えにくいトイレ空間

トイレリフォーム後

トイレリフォーム後の洋式便器

Aさんの母
ここだけ新築みたい!

きれいなトイレに大喜びする母。

その笑顔を見て、今まで、両親がトイレを利用する時に感じていた苦労がなくなると思う私も自然と口元に笑みが広がりました。

トイレリフォームで良くなった点

  • 洋式トイレになり、快適に用を足せる
  • 老朽化が進んでいた床を張り替え、滑りにくいフローリングに
  • 照明を変え、明るく温かみのある壁費張り替えた
  • トイレの部分改装により、ドア付近のスペースを10センチ広げ、ゆったりとした空間に
  • 手すりを取り付け、足腰の悪い方でも簡単に立ち上がれる
  • トイレ専用のキャビネットを取り付け、物の出し入れが便利に
  • 暖房便座を取り付け、心臓にやさしい

またリフォームから1ヶ月が経ちましたが、問題は起こっていないとの連絡もありホッとしています。

家の中の不便さは小さいようで大きな問題なのかもしれないと今回の件で学びました。

毎日の動作の苦痛を減らしてあげられたのだとしたら、両親にいいプレゼントができたように思います、

トイレリフォーム後、一週間程度は水漏れなどがしていないかよーく確認しておきましょう。
案内人

トイレリフォームの利点

トイレリフォームは見た目が奇麗になるだけではありません。
案内人

便器の機能、壁紙・床材の機能によって、
経済面やメンテナンスの面でうれしい点があります。

・節水・節電
現在のトイレは節水に優れており、10年以上前のトイレの半分以下の水量で流すことができ、
年間1.5万円もの節約になるともいわれています。
古い暖房機能便座から新しいものに変えれば節電モードや電気の調整によっては節電にもつながります。
・掃除が楽に
現在はシンプルなデザインの便器が多く、掃除のしやすさが重要視されています。
汚れ事態も付きにくい素材の便器もあり、掃除の手間と頻度を低くすることが可能になります。
・臭いの改善
防臭効果に優れた壁紙を選ぶことで、快適なトイレ空間を得られます。
便器自体に脱臭機能があるものを選べば、人が使ったあとの不快感も抑えられるかもしれません。

トイレリフォームをやってよかった

両親へのプレゼント

介護保険が給付され、年金暮らしを送る父に負担をかけず、最安値で思い通りの業者を選べたので良かったです。

リフォーム後、父は、以前のように明るい笑顔を見せてくれます。

便器や内装などをしっかりこだわり、

母の大喜びする姿に大変満足しています。

それは、リショップナビで働く、厳選されてコンシェルジュが、自分の自宅にあった、優良なリフォーム会社を紹介してくれたおかげです。

トイレは、毎日使用する場所なので、両親の為に、思い切ってリフォームをし、正解でした。

 

リショップナビ キャンペーン

リショップナビのお得なキャンペーン

リショップナビでは現在キャンペーンが行われています。
案内人

リショップナビ経由でリフォームを行うと、3000円分のAmazonギフト券を貰えます。

キャンペーン応募の流れ
①制約報告
リショップナビで紹介された会社とリフォームの成約をしたら、メールでリショップナビに成約報告をします

②アンケート送信
リショップナビより、メールで成約者様アンケートをお送りさせて頂きますので、入力フォームより回答をします。

③回答完了
アンケートの回答完了でお祝い金をプレゼント!

↓ リショップナビ公式サイトより、詳しく知ることができます ↓

リショップナビ公式サイト

トイレを綺麗にして、毎日心地よく

綺麗なトイレ空間

ちなみに、トイレを奇麗にすると、幸運が訪れるそうです。

ビートたけしも、

郷ひろみも、

石川遼も、

毎日、トイレ掃除をしているそうです。

トイレのリフォームをお考えのあなたも、一度でお見積りを行い、比較検討をして費用相場を調べてみてはどうでしょうか?

あなたのトイレリフォームにささやかながら、助力になりましたら幸いです。
案内人

更新日:

Copyright© トイレリフォーム 業者・商品選びで知っておきたいこと , 2019 All Rights Reserved.